昔と違って1日中パソコンに向かって仕事をし ている人も多いと思います。
確かに身体を動かす仕事に比べると楽ではあるのですが、
身体にはよくないこともあります。
それは、常に同じ体勢でいるために、腰に負担がかかったり、
血行が滞ってしまうことです。

腰に負担がかかることで、腰痛になってしまうこともあるそうです。
腰の負担はあまり気がつかないことが多いため、
知らないうちに疲労が蓄積されることも考えられます。

ですので、座って仕事をされているのであれば、
腰の負担がたまり過ぎないように、毎日の生活の中で腰への負担を減らす工夫をするのがよいと思います。

また、すわり仕事ではなくて、重い荷物を運んだりするなどで、
腰に負担をかけている人もいると思います。
人間の腰はある程度の負担に耐えられるようになっていますが、
それでも、ある程度腰への負担を和らげる工夫は必要です。
そうしないと、ぎっくり腰になってしまうことも考えられます。
ぎっくり腰にならないためにも、重い荷物をよく運ぶ人は
腰に負担がかからないように工夫する必要があるでしょう。








▲PAGE TOP